山陰柴山港とれとれ直売「カネニ」

株式会社カネニ商店の商品は、日本海香住港、柴山港、津居山港で水揚げされた魚介類を原料にして、地元自社工場で製造しております。
安心、安全な商品を提供させて頂くことと、お客様の「あっ、これうまい」の声をひとつでも増やしていくことをモットーにして、美味しさを「まるごと」宅配させて頂いております。
◆カネニの由来
もともとは、市場でのカニや魚の入札の札から来ているのが由来とされています。
市場でのセリの際、自分の所の札が分かりやすいように、札に書き込んで入札されていました。その書き込む際に、忙しいため、簡単にカギに一とか二を書き込み、また丸印や山印を書き込んで、それを見分ける目印にしていた所から会社の名前になったとされています。
正式には、漁協よりセリに参加するために漁協権(経営権)を獲得するために、屋号が必要となり、村の人達が集まり屋号を決める際に、カギマーク から一、二、三とはじめ、次に丸に一、二、三で次に山に一、二、三と始められたのが今の屋号になったとされています。カネニはカギマークに二を使っていた のでカネニと言われるようになったようです。
よって柴山はカネのつく屋号多いのはそのためです。
全国各地の港にある水産業での屋号の由来はだいたい似たような由来であり、地域によっては丸のつく所が多かったりするのは、昔のそういった屋号を決める際の順番があったことからその違いがあるようです。
また、先代の創業者寺川邦夫による「皆さんにうまいかにを食べてほしい。しかし、水揚げされて生のままでは、食べ方のわからない人もいる。もっともっと食 べやすいかたちにしてあげよう、かにに値打ちをつけよう」という思いから、「カニに値(ネ)打ちをつける」、という点、更に「かねを握る」という座右の銘 からもカネニとついたようです。
◆概要と沿革
会社名 株式会社 カネニ
代表者 代表取締役会長 寺川 寿明
代表取締役社長 寺川 雄大
会社本籍 兵庫県美方郡香美町香住区上計1199
本社工場
兵庫県美方郡香美町香住区上計987-18
TEL 0796-37-0122  FAX 0796-37-0322
直売店
TEL 0796-37-0069  FAX 0796-37-0064
従業員 24名(男性8名、女性16名)
業種 水産加工業、水産卸売業、水産小売業、水産通信販売業
商品

かに剥き身商品、松葉がに、紅ずわいがに、干し物(えてがれい、ハタハタ、するめ、キスなど)

販売

直売店小売り
各ご家庭への通信販売
地元柴山温泉・佐津温泉街各民宿への卸し
城崎温泉街各鮮魚店への卸し
民宿、旅館でのお土産業務委託販売
かに弁当製造会社へのカニ身卸し
デパートでのお歳暮販売
料亭への原料卸し
各地市場への出荷
(大阪大水、石川中央魚市、名古屋海産市場、姫路魚類、京都大水)

原料購入先 香住漁協(株式会社ヤマイチ経由)、柴山漁港(どちらの漁港も前浜)
会社モットー 「お客様の“あっ、うまい”の驚き笑顔をつくりましょう」
会社の強み

・あえて時間と手間暇のかかる手作業で、1つ1つ丁寧な商品づくり。
・抜群の鮮度と生産地を約束する前浜(香住漁港、柴山漁港)からの原料購入。
・優秀な従業員


沿革
年号 西暦  出来事
昭和25年 1950年 1代目の寺川邦夫が、寺川邦夫商店として事業を起こす。
焼きキス、干しタラ、干しハタハタ、釜茹湯松葉がに肩を製造し、
中央市場(関西方面)へ出荷販売をし始める。
昭和32年 1957年 工場建築(現在の本社第1工場)
昭和35年 1960年 紅ズワイガニのカニ身を製造し、中央市場(関西方面)へ出荷販売をし始める。
昭和42年 1967年 本社第1工場2階改築
昭和48年 1973年 有限会社寺川商店設立
1代目代表取締役社長 寺川邦夫就任
昭和51年 1976年 有限会社カネニ寺川商店に社名変更
昭和53年 1978年 第2工場建造
昭和57年 1982年 2代目代表取締役社長 寺川壽明就任(寺川邦夫の長男)
昭和62年 1987年 柴山漁港近くの管理センターにて直売店営業スタート
平成 3年 1991年 活松葉がに用の大型水槽を設置
平成 5年 1993年 通信販売コンピューターシステムの導入
平成19年 2007年 株式会社カネニに社名変更
3代目代表取締役社長 寺川雄大就任(寺川壽明の長男)
代表取締役会長 寺川壽明就任
平成20年 2008年 新工場完成、9月より稼働
 
|最近チェックした商品
|カート
ウェブマガジン旅色に紹介されました


RSS
ATOM